top of page
検索

第31回春季バレーボール大会

6月23日、天王寺スポーツセンターにて天王寺区バレーボール連盟主催の春季バレーボール大会が開催されました。

天王寺小学校の皆さんが『つなぐ』をテーマに手作りのボールを使って3人ずつに分かれてパスをつなぐという凝った演出で、楽しい選手宣誓をしてくださいました。

始球式は、天王寺スポーツ倶楽部の和田顧問の華麗なサーブ!

熱く、激しく、楽しく熱戦が繰り広げられました。

優勝🥇は、SEIWA

準優勝🥈は、大阪夕陽丘学園

3位🥉は、天友クラブ

4位は、桃陽

となりました。

みなさん、お疲れさまでした。

秋季大会まで、また練習頑張ってくださいね。

閲覧数:99回0件のコメント

最新記事

すべて表示

スポーツ障害予防運動プログラム

野球は肘・肩に負担が集中し、野球肩、野球肘といったスポーツ障害の発生頻度が高い競技で、ジュニア期のプレーヤーにも多発しています。 これらを防止するためには、柔軟性の確保、練習量の調整、正しい姿勢の習得が必要。 特に関節部のストレッチには疲労軽減の効果もあり、スポーツ障害の抑制に繋がります。 そこで、参考にしていただくため野球の障害予防に関する情報を公開します。 日々の活動にて予防運動プログラムを取

Comments


bottom of page